〒703-8265
岡山県岡山市中区倉田508-8

086-276-8500
トップページクリニック紹介施設・設備紹介スタッフ紹介アクセスお問い合わせ

無痛分娩について

無痛分娩について|岡山市中区の産婦人科・小児科、岡山愛育クリニック。出産の痛みをコントロールし難産を安産へ

イベント・教室案内スタッフ募集
エコー動画配信サービス
ログインはこちら↓

エコー動画配信サービス「AngelMemory」
トップページ»  無痛分娩について

無痛分娩について

一人の女性が出産を経験する回数が少なくなるにつれ、一回の出産の持つ意義はますます大きくなっています。 個性や多様性が重視される現在、出産の痛みに対する考え方も人それぞれです。にも関わらず日本で無痛分娩が普及していない理由の1つとして、民族の文化や風習あるいは宗教的なものがあります。

わが国において、一般的に分娩の痛みに耐えることが母になる資格でもあり美徳とされてきました。しかし、妊婦にとって出産に伴う痛みは、分娩が始まったというサインであること以外は何の意味もありません。激しい痛み刺激のストレスから、子宮胎盤循環を低下させ胎児切迫仮死や難産を招くことさえあります。

従って、何らかの方法で無痛分娩を行い、出産の痛みを積極的にコントロールすることは、出産のクオリティーを高めるうえでも重要だと考えています。

無痛分娩の方法は、薬物等を使わない暗示的なもの(ラマーズ法、ソフロロジーなど)を含め多種多様でありますが、こういった方法で確実に出産の痛みを除去することは不可能だと考えます。 何らかの麻酔による方法が確実であり、最近では硬膜外麻酔による無痛分娩が最も広く利用されています。

当院では、硬膜外麻酔による無痛分娩を行っております。

麻酔が効き始めると大声で悲鳴をあげていた産婦さんがぴたりと静かになり、にこにこ笑いながら立ち合いのご主人や私達スタッフと冗談を交わしながら赤ちゃんを生むことが出来ます。全身麻酔ではありませんので意識もはっきりしています。

普通分娩の後、我が子の誕生を喜ぶ元気も無くぐったりしている妊婦さんがいる一方で、無痛分娩での出産後はみなさん出産の喜びをはっきりと感じることが出来ます。 また、この方法は産道を軟らかくし、難産を安産に変える作用も合わせ持っております。 分娩中の内診の時にも全く苦痛が無いこと、赤ちゃんの通過による産道の傷(裂傷)ができにくいこと、分娩後に傷を縫う時にも全く痛みが無いことなども大きな利点です。

他の麻酔法と比べた硬膜外麻酔の利点

脊椎麻酔と比べ効果の発現は緩徐ですが、カテーテルの留置によって長時間の麻酔効果の維持が可能であり、血圧下降も比較的少なく、麻酔効果の調節性にも優れています。また、局所麻酔薬の適切な選択と濃度によって、いきむことも可能となります。 このことは、ガス麻酔や鎮痛、鎮静薬で意識がもうろうとした状態での出産と違って、自分自身で出産した満足感を得ることができます。

また、麻酔の作用により分娩時に外陰部が広がりやすく、会陰切開無しに(もしくは少しの切開で)済むことができます。

硬膜外麻酔の方法

硬膜外麻酔の方法

まず、横向きになり、できるだけ海老のように丸くなって頂きます(膝を抱え込むような格好)。

皮膚消毒、局所麻酔をしたうえで、腰のあたりから針を刺します。そして、その針の中を通しながら、図の如く硬膜外腔というスペースにカテーテルを留置します。 後はカテーテルが抜けないように固定するだけです。

順調に終われば、約5~10分で終了します。

この後、カテーテルから持続的に硬膜外腔へ薬を注入することにより、陣痛の痛みは徐々に消えていきます。 この麻酔は体に優しい麻酔であり、血圧変動等の副作用をほとんど認めない反面、その効果が現れるのにも10~20分程時間がかかります。

硬膜外麻酔の料金

硬膜外麻酔 5万円
使用薬剤実費 数千円
pagetop