〒703-8265
岡山県岡山市中区倉田508-8

086-276-8500
トップページクリニック紹介施設・設備紹介スタッフ紹介アクセスお問い合わせ

当院の分娩方針

当院の分娩方針|岡山市中区の産婦人科・小児科、岡山愛育クリニックの経膣分娩、無痛分娩等について。

イベント・教室案内スタッフ募集
エコー動画配信サービス
ログインはこちら↓

エコー動画配信サービス「AngelMemory」
トップページ»  当院の分娩方針

当院の分娩方針

当院では、『経膣分娩が最も自然な分娩である。』という信念のもと、なるべく多くの妊婦さんが安全に経膣分娩できるよう、できるだけのお手伝いをさせて頂きます。

ここ10~20年の間、帝王切開率は飛躍的に増加してきました。このことに関しては、そろそろ考え直す時期に来ています。事実、近年の高すぎる帝王切開率を問題視する学術報告も散見されます。あくまで帝王切開は母児の安全性を確保するための最終手段であり、安易な帝王切開は逆に母児の予後を悪くさせます。

数年前まで、骨盤位(さかご)、前回帝王切開、双胎妊娠といったハイリスク妊娠に対しても経膣分娩を行う施設は沢山ありました。しかし、近年こういったハイリスク妊娠に対して、ほとんどの施設が帝王切開を行います。 こういったケースでどういう娩出方法を取ったら良いかということについては、未だ結論は出ていません。それはどちらの方法にも一長一短あるからです。 当院ではこういったハイリスク妊娠に対しても、御夫婦に十分な説明をした上で積極的に経膣分娩を行っています。その詳細については別項に示しますが、こういったケースでも是非一度御相談下さい。

開院以来、こうした分娩方針に沿って医療を行ってきましたが、帝王切開率は7%前後(別項参照)に抑えられ、母児共に皆さん元気に退院し、多くの方に満足して頂いているものと考えています。

また、当院では快適な出産を目標としており、硬膜外麻酔による無痛分娩を積極的に取り入れています。別項の如く、昨年は当院での出産の約49%が無痛分娩にて行われました。無痛分娩の詳細については、別項に詳しく解説させて頂きます。

pagetop